ココスヤシ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所
ココスヤシ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所

plants

ココスヤシ

目次

ココスヤシの特徴

1本あるだけで主役級。リゾート・ドライガーデンに。

お庭にあると一気にリゾート感が演出できるココスヤシ。近年はリゾートガーデンやドライガーデンの人気が高まることによって、注目されている植物のひとつです。
ヤシというとビル3~4階ぐらいの樹高をイメージしますが、このココスヤシは樹高より何より悠然と広げたゴージャスな葉張りと迫力満点の幹が特徴的です。

メンテナンスが大変そうと思う方も多いと思いますが、意外にもこのココスヤシ、耐寒性がとても高く、ヤシの中では小型の部類に入ります。
しかも病害虫にも強いとあって見かけほど手がかかりません。

そしてあまりイメージないかもしれませんが、実がなり、食べることも可能。
種が大部分を占め、繊維質の為、食べられる部分が少ないのですが、
パイナップルやりんごに似た感じで、食べるというよりは果汁を吸うイメージです。
果実酒やシロップにすることもできます。

幅は取りますので、直径5m程は確保したいところです。お庭が広めで、リゾートガーデンを目指す方にお勧め。
花言葉は、「成功」「勝利」。

基本情報

和名 ココスヤシ、ブラジルヤシ
原産地 ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイ
種別 常緑高木
成長速度 遅い
赤色
オレンジ~赤色(食べられます)
最終樹高 約5~10m前後
難易度 育てやすい
耐寒性 やや強い
耐暑性 強い


ココスヤシの育て方

育成カレンダー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
剪定
肥料
開花

※横にスクロールできます

植え付け 秋~梅雨入り前までが最適です。
肥料 なくても育ちますが、あるとより生育が良くなります。
5月~10月頃に、2ヶ月に1度くらいのペースで緩効性化成肥料を与えてあげてください。
液肥でも構いませんが、冬場などの休眠期は与えなくても良いです。栄養剤肥料などで水はけが悪くなると根腐れが起こりますので、ご注意ください。
剪定

茶色く枯れてきた葉を幹の生え際で剪定するくらいで、日常的な剪定は不要です。剪定で大きさのコントロールはできません。
幹の上の成長点をカットしてしまうと枯れてしまうので、そこだけご注意ください。

水やり 植え付け直後から根付くまでは土壌が乾いたら水やりが必要で、その後はよほど乾燥が続かなければ水やり不要です。
土の表面を少し乾燥ぎみにさせて育てると、多少生長を抑えることができます。
場所

ある程度耐陰性はありますが、本来は南米の日差しで育つ植物だけに、水はけがよく、日光の当たる明るい場所を確保してあげましょう。
成長はゆっくりですが、地植えして1.5m~2mを超えると成長スピードが速まります。幅をとる樹木なので、直径5mくらいは確保しましょう。

気温 暑さには強く、耐寒性は-6℃くらいまであります。寒冷地では鉢植えにしておくのが無難です。
病害虫

病害虫に強い植物なので殆ど発生しませんが、稀に下記発生することがあります。(特に室内で育てている場合)
害虫:ハダニ、カイガラムシ
病気:すす病

ココスヤシの注意点

成長が非常にゆっくり

成長が遅いというのは、育てやすい反面、大きくなるまで時間が非常にかかります。
大きくなることを見越して小さめを植えるのではなく、理想の大きさで最初から植えて、剪定で整える方がおすすめです。

価格が高い

上述したとおり、成長が遅い大きいものを植えたい場合は価格が若干高めになることが多いです。
それに加えて幅を取り、生産地も遠方になるため、運送費用も割高になります。

幅をとる

ココスヤシはゆっくりではありますがどんどん横にも大きくなります。
直径5mくらいは確保していただきたいです。
庭の端に植えるよりは、お庭の中央付近で鑑賞して楽しんでいただくとよいかなと思います。

 

ココスヤシを使ったおしゃれな庭づくりのアイデア

リゾートテイストのお庭のワンポイントに

ココスヤシといえば、やっぱりゾートテイストにピッタリ。
シンボルツリーとしても良いですし、他の木と組み合わせてアクセントにしても。

ドライガーデン・ロックガーデンにも

ヤシ系の植物は、近年人気のドライガーデン・ロックガーデンにぴったり。
ゴツゴツとした石の中に生きるココスヤシはとってもお洒落です。
ヤシ系の植物やサボテンなんかとも相性◎。

洋風テイストやモダンテイストに

実は洋風テイストやモダンテイストにもあうココスヤシ。

ローメンテナンスなシンボルツリーとして

成長が緩やかで剪定もほとんど不要、病害虫にも強いココスヤシ。
葉もほとんど落ちませんし、ほとんど手はかかりません。
お庭の広さとご予算に余裕のある方にぜひぜひおすすめの樹木です。

 

 

相性のよいデザイン・使い方

  • リゾート
  • ドライガーデン・ロックガーデン
  • 洋風
  • モダン・スタイリッシュ
  • シンボツルリー
  • 庭木
  • ワンポイント・アクセント
  • 門柱まわりに
  • ライトアップ

キンモクセイ

キンモクセイは、秋に咲くオレンジ色の花と特有の香りが魅力的で、昔から庭木として人気があります。一年中、密に葉をつけており、生垣や目隠しとしても人気の常緑樹です。
日陰でも育ちますが、日当たりがよいほうが花付きがよくなります。
品種は四季咲きのもの、花の色が赤みを帯びたもの、違う気ですが、似たものでギンモクセイという白い花を咲かせるものもあります。




ユーカリ

近年、ユーカリはシルバーリーフの美しい葉と洗練された外観から、シンボルツリーとして人気が急上昇しています。品種によって外見は大きく異なりますが、どの種類も愛らしく個性的であり、一本植えるだけでおしゃれなお庭を演出できます。
ドライフラワーや切り花としても楽しむことができます。ただし、ユーカリの成長は非常に速く、定期的な剪定が必要です。

ワシントンヤシ

リゾートといったらコレ!と言うくらい定番のワシントンヤシ。手のひら状の大きなグリーンの葉と葉周りにできる白い繊維が特徴的で、存在感はバッチリです。
リゾート、南国風のお庭にぜひおすすめしたい樹木。ココスヤシ程ではないですが、こちらも幅を取るのと、環境が良ければ20m程になるので、植え付け場所には注意が必要。
植えてしまえば、年に1~2度、枯れ葉を落とす程度でお手入れも楽ちん。実も食べることができ、白い花も咲きます。


フェニックス(カナリーヤシ) ※

※近日更新予定
トロピカルムードを演出するのに欠かせないヤシの仲間で、アジア、アフリカの熱帯・亜熱帯地域に約17種があります。
別名カナリーヤシと呼ばれるこの品種は、耐寒性が強く直立した幹の上に羽状の葉を四方に広げる姿はとても雄大で、迫力があります。
最長15m前後にもなる樹高と、5m以上も弓状にしなる長い葉。その樹形は、鳥が羽ばたいている姿を連想させます。