常緑樹 アーカイブ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所
常緑樹 アーカイブ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所

plants

クスノキ(Cinnamomum camphora)

クスノキ(学名: Cinnamomum camphora)は、クスノキ科(Lauraceae)に属する常緑高木で、中国南部から東南アジア、日本が原産です。その大きく広がる樹形と芳香のある葉から、庭園や公園のシンボルツリーとして非常に人気があります。長寿で知られ、歴史的な木も多く存在します。

ヒメイチゴノキ(Arbutus unedo)

ヒメイチゴノキ(学名: Arbutus unedo)は、ツツジ科(Ericaceae)に属する常緑低木で、地中海沿岸や西ヨーロッパが原産です。その美しい花と食用の実から「ストロベリー・ツリー」とも呼ばれ、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。秋には赤く熟す実が観賞価値を高め、庭を彩ります。

ギンモクセイ(Osmanthus fragrans f. aurantiacus)

ギンモクセイ(学名: Osmanthus fragrans f. aurantiacus)は、モクセイ科(Oleaceae)に属する常緑低木で、中国や日本が原産です。その美しい白い花と芳醇な香りが特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。秋の開花時期には香りが庭全体に広がり、癒しの空間を作り出します。

ウエストリンギア(Westringia fruticosa)

ウエストリンギア(学名: Westringia fruticosa)は、シソ科(Lamiaceae)に属する常緑低木で、オーストラリアが原産です。その美しい花と細長い葉から、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。乾燥に強く、手入れが簡単なため、初心者にも育てやすい植物です。

トキワマンサク(Loropetalum chinense)

トキワマンサク(学名: Loropetalum chinense)は、マンサク科(Hamamelidaceae)に属する常緑低木で、中国南部から東南アジアが原産です。その美しい花と紅葉から、庭園や公園のアクセントプランツとして人気があります。花期が長く、四季を通じて楽しめる植物です。

レモンの木(Citrus limon)

レモンの木(学名: Citrus limon)は、ミカン科(Rutaceae)に属する常緑果樹で、インド北部が原産です。香り高い花と酸味のある果実が特徴で、庭園や家庭果樹園で広く栽培されています。果実は料理や飲み物、デザートに利用されるほか、香りを楽しむための観賞用としても人気があります。

カラタネオガタマ(Michelia figo)

カラタネオガタマ(学名: Michelia figo)は、モクレン科(Magnoliaceae)に属する常緑低木で、中国南部から東南アジアにかけて分布しています。日本には江戸時代に渡来し、その甘いバナナのような香りの花から広く親しまれています。庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。

フェイジョア(Feijoa sellowiana)

フェイジョア(学名: Feijoa sellowiana)は、フトモモ科(Myrtaceae)に属する常緑低木で、南アメリカが原産です。その美しい花と甘い香りの果実が特徴で、庭園や果樹園のアクセントプランツとして人気があります。また、果実は食用としても利用され、さまざまな料理やデザートに使われます。

イジュ(Schima wallichii)

イジュ(学名: Schima wallichii)は、ツバキ科(Theaceae)に属する常緑高木で、東南アジアを中心に広く分布しています。特に日本では南西諸島に自生しており、その美しい白い花と光沢のある葉が特徴です。庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。

シロダモ(Neolitsea sericea)

シロダモ(学名: Neolitsea sericea)は、クスノキ科(Lauraceae)に属する常緑高木で、日本や中国、台湾が原産です。特に日本では暖かい地域に多く見られ、その美しい常緑の葉と樹形から、庭園や公園での利用が広がっています。