ソヨゴ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所
ソヨゴ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所

plants

ソヨゴ

目次

ソヨゴの特徴

可愛らしい赤い実が特徴的。育てやすく使い勝手の良い常緑樹。

可愛いらしい赤い実がソヨゴ。成長も穏やかで育てやすく、庭木として人気の高い常緑樹です。

軽めの樹形と小さめの葉から、雑木風のお庭や、モダン・和風のお庭にも使われます。
葉はつやのある縁色、葉縁が波打ったような形をしています。
乾いたような質感の葉は風に揺れると周囲の葉とこすれ、かさかさと独特の音を立てます。風に「そよぐ」ことからソヨゴと名がついたそうです。

単幹(一本立ち)・株立ち・枝葉密度の違い等、樹形バリエーションが多く、植える場所やお好みに合わせた形をご提供することが可能。
日向が好きではありますが、数少ない日陰で生育できる樹木の一つでもあります。

基本情報

和名 ソヨゴ、冬青、フクラシバ、ソヨギ、フクラモチ
英語名

Ilex pedunculosa

原産地 日本(関東地方以西)、中国、台湾
種別 常緑高木
成長速度 遅い
白い小花(そこまで目立ちません)
赤い小さな実
樹高 10m
難易度 ★☆☆(育てやすい)
耐寒性 ★★★(強い)
耐暑性 ★★★(強い)

葉と実                      花
 

全体の様子
  

ソヨゴの育て方

育成カレンダー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

※横にスクロールできます

植え付け 春か秋が最適です。
肥料 なくても育ちますが、庭植えは2月ごろ寒肥(元肥)として有機質肥料を株元の周辺に埋めておきます。鉢植えは3月に化成肥料を株元に追肥します。
剪定

成長が穏やかなので、定期的に行う必要はありません。枝が伸び、樹形を乱すようであれば、随時その枝を間引くか、切り戻しをして樹形を整えます。
切りすぎると伸びるのに時間がかかるため注意。

水やり 植え付け直後から根付くまでは土壌が乾いたら水やりが必要で、その後はよほど乾燥が続かなければ水やり不要です。
場所

日なたから明るい日陰まで幅広く植えることができます。西日が当たらないように注意します。水はけがよく、有機質の多い土を好みます。

気温 耐寒性・耐暑性ともに高く強い木です。
病害虫

病害虫に強い植物なので殆ど発生しません。なるとしたら、病気はすす病・黒点病、虫はカイガラムシ・アブラムシ。

ソヨゴの注意点

実を狙った鳥がやってくることがある

木に鳥がとまって休憩している光景はとても可愛いものです。害虫を食べてくれる野鳥もいます。
しかし、すべての鳥が無害なわけではありません。鳥によっては、オリーブの実を食い散らかしたり、鳥の糞を落としていったり、嬉しくない行動をするものもいます。鳥害がひどいようであれば対策が必要です。
特にソヨゴの実は野鳥の好餌といわれています。

病害虫が付くことがある

基本的には病害虫に強いと言われていますが、稀に病気や害虫がつくことがあります。

  • すす病・黒点病
  • カイガラムシ・アブラムシ

このあたりには要注意。

 

成長が非常にゆっくり

成長が遅いというのは、育てやすい反面、剪定しすぎると元に戻るまでに非常に時間がかかります。
最初に植える時も、大きくなることを見越して小さめを植えるのではなく、理想の大きさで最初から植えて、剪定で整える方がおすすめです。
また、成長が遅いため、大きいものを植えたい場合は価格が若干高めになることがあります。

雌雄異株で実をつけるのは雌株

雌雄異株とは、雌花と雄花を別々の個体につけることを言います。
実を楽しみたい場合は購入時に雌株かどうか確認が必要です。

 

ソヨゴを使ったおしゃれな庭づくりのアイデア

日陰気味の玄関の目隠しやシンボルツリーに

日当たりの悪い場所で植えられる樹木は実は非常に選択肢が少ないです。
そんな場所でも植えられるソヨゴですが、花も実も楽しめ、一年中葉がついている常緑樹。
非常に魅力が沢山の樹木です。
主張しすぎないその佇まいは、家をさりげなく演出してくれます。

目隠ししながらのお庭のワンポイントに

常緑なので年間通して葉があります。
花も実も楽しめ、葉付きもそれなりに密になるので、壁やフェンスまで設置したくないけど、なんとなく目隠しをしたい、そんなときにお勧めです。

ローメンテナンスなシンボルツリーとして

成長が緩やかで樹形も整いやすく、病害虫にも強いソヨゴ。
小ぶりですが花も実も楽しめます。
シンボルツリーを植えたいけどお手入れにあまり時間がかけられない、、そんな方におすすめ。

あまりスペースを取りたくない

元々成長がゆっくりなソヨゴ。
単幹のものを選べば、あまり横には広がりにくいので、
狭めのお庭や、アプローチ横、道路際付近の目隠しなんかにおすすめ。小さめを選んで低木扱いで植えることも。
普通の常緑樹でありますと幹付近の密生した部分は葉を付けませんが、ソヨゴはこの様に日当たりの弱い密生部でも葉を維持できる事から、緑濃い景観を見せてくれます。

逆に存在感が欲しい場合は、株立ちのものを選んであげると、ボリュームが出て、より自然味のある雰囲気を演出してくれます。

相性のよいデザイン・使い方

  • 雑木風
  • モダン
  • ナチュラル・ナチュラルモダン
  • 用具う
  • シンボツルリー
  • 低木扱い
  • 庭木
  • ローメンテナンス
  • 花を楽しむ
  • 実を楽しむ
  • ライトアップ

キンモクセイ

キンモクセイは、秋に咲くオレンジ色の花と特有の香りが魅力的で、昔から庭木として人気があります。一年中、密に葉をつけており、生垣や目隠しとしても人気の常緑樹です。
日陰でも育ちますが、日当たりがよいほうが花付きがよくなります。
品種は四季咲きのもの、花の色が赤みを帯びたもの、違う気ですが、似たものでギンモクセイという白い花を咲かせるものもあります。




ユーカリ

近年、ユーカリはシルバーリーフの美しい葉と洗練された外観から、シンボルツリーとして人気が急上昇しています。品種によって外見は大きく異なりますが、どの種類も愛らしく個性的であり、一本植えるだけでおしゃれなお庭を演出できます。
ドライフラワーや切り花としても楽しむことができます。ただし、ユーカリの成長は非常に速く、定期的な剪定が必要です。

ワシントンヤシ

リゾートといったらコレ!と言うくらい定番のワシントンヤシ。手のひら状の大きなグリーンの葉と葉周りにできる白い繊維が特徴的で、存在感はバッチリです。
リゾート、南国風のお庭にぜひおすすめしたい樹木。ココスヤシ程ではないですが、こちらも幅を取るのと、環境が良ければ20m程になるので、植え付け場所には注意が必要。
植えてしまえば、年に1~2度、枯れ葉を落とす程度でお手入れも楽ちん。実も食べることができ、白い花も咲きます。


ココスヤシ

お庭にあると一気にリゾート感が演出できるココスヤシ。近年はリゾートガーデンの人気が高まることによって、注目されている植物のひとつです。ヤシというとビル3~4階ぐらいの樹高をイメージしますが、このココスヤシは樹高より何より悠然と広げたゴージャスな葉張りと迫力満点の幹が特徴的です。
メンテナンスが大変そうと思う方も多いと思いますが、意外にもこのココスヤシ、耐寒性がとても高く、ヤシの中では小型の部類に入ります。しかも病害虫にも強いとあって見かけほど手がかかりません。