オリーブ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所
オリーブ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所

plants

オリーブ

目次

オリーブの特徴

シルバーリーフがお洒落。花も実もつき、楽しみの多い魅力的な常緑樹。

オリーブはその美しい樹形と色鮮やかな浅緑の葉が魅力的で、非常に人気の常緑樹です。
おしゃれなカフェや美容院などでもよく見かけますし、ノエルでもよくご提案している樹木です。

オリーブの葉は、表がスモーキーで乾いた色をしている一方で、葉裏はシルバーのような色味をしています。
その葉の両面のコントラストが大変美しく、オリーブの木一本でおしゃれな雰囲気が演出できることや、その魅力的な葉が一年中茂っていることが人気の理由の一つ。
他にも、花や実がなったり、実を食用にしたり、性質が強く育てやすいことなども、オリーブの木の魅力に挙げられます。

葉の美しさをより一層増幅させるために足元を花々で飾ってあげるとよりおしゃれで華やかになります。
ハーブなどを併せて育ててキッチンガーデンとする例も多くあり、用途は非常に多彩です。

基本情報

和名 オリーブ、オリーブノキ、オレーフノキ
英語名 Olea europaea
原産地 イタリア・スペイン・ギリシャ・トルコなどの地中海沿岸の国々
種別 常緑広葉樹・常緑高木
成長速度 普通~早い
花色 白色
樹高 15m(庭植えでは3~4m程度)
難易度 ★☆☆(育てやすい)
耐寒性 ★★☆(普通~強い)
耐暑性 ★★★(強い)

オリーブの育て方

育成カレンダー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花
収穫

※横にスクロールできます

植え付け 真冬と真夏をを避ければ通年大丈夫ですが、3月~5月ごろが最適です。
肥料 オリーブの花芽が動き出す3月、実が充実する6月、実を収穫したお礼肥えの10月の、年に3回与えます。
剪定 年に1回程度。オリーブはその年の春から初夏に伸びた新梢に、翌年花を咲かせて実をつけます。そのため、剪定の時になるべく新梢を残しつつ、混み合ったところを中心に剪定すると、花や実付きが良くなります。
水やり 植え付け直後から根付くまでは土壌が乾いたら水やりが必要で、その後はよほど乾燥が続かなければ水やり不要です。乾燥に強く加湿を嫌います。
場所

日当たりが良く、水はけのよい場所がおすすめ。

気温 暑さにも寒さにも強い育てやすい樹木です。
病害虫 病害虫には強い樹木ですが、オリーブアナアキゾウムシ、アブラムシなどが発生することも。
虫ではないですが、実を狙った鳥がやってくることがあります。

 

オリーブの木の注意点

害虫が付くことがある

比較的病害虫に強いと言われているオリーブの木ですが、生育途中に害虫がつくことがあります。
特に「オリーブアナアキゾウムシ」「コガネムシ」「テッポウムシ」は木の内側にダメージを与える害虫なので注意しましょう。

  • オリーブアナアキゾウムシ
  • スズメガ
  • コガネムシ
  • ハマキムシ
  • テッポウムシ
  • マエアカスカシノメイガ
  • イボダガ
  • ヘリグロテントウノミハムシ
  • シマケンモン

 

オリーブの実を狙った鳥がやってくることがある

木に鳥がとまって休憩している光景はとても可愛いものです。害虫を食べてくれる野鳥もいます。
しかし、すべての鳥が無害なわけではありません。鳥によっては、オリーブの実を食い散らかしたり、鳥の糞を落としていったり、嬉しくない行動をするものもいます。鳥害がひどいようであれば対策が必要です。

根が浅いため、強風に注意

オリーブは「浅く」「広く」根を張る樹木です。強風には弱く、台風などが直撃すると地植えをしていても倒木する恐れがあります。

  • 鉢植えで育てて、台風や強風のときは屋内に避難をする
  • 地植えの場合は支柱をたてる

など、強風や台風の際は対策が必要です。

実を楽しみたい場合は2種類以上植える

オリーブは同じ品種の花粉では受粉しない「自家不結実性」という性質があるため、実を楽しむためには2品種の栽培をおすすめします。
なお、自分の花粉でも受精する「自家結実性」の性質がある品種もありますが、他の品種の花粉があった方が、実がつきやすくなります。

オリーブは夏場にかけて実ができはじめ、最初は緑、その後秋に赤から黒い実になります。
それぞれの色の過程で、香りや風味が変わるので、お好みの状態で収穫をしてください。
なお、オリーブの実はアクが強いので、そのままでは食べられません。重曹水や塩水でアクを抜く作業は必要です。

 

オリーブを使った、おしゃれな庭づくりのアイデア

洋風テイストやモダンテイストのシンボルツリーとして使用

樹形と葉がおしゃれなオリーブは、シンボルツリーとして人気の常緑樹です。
特に洋風、モダン、ナチュラル、このあたりのテイストにはピッタリ。おしゃれなカフェ風なんかにも◎です。
華やかにしたいけど常緑がいい、という方にお勧め。
花や実も楽しめ、常緑ながら1年を通して表情が変わるのも魅力的です。

ハーブガーデン、イングリッシュガーデンに

年間通して美しいシルバーグリーンの葉は、ハーブやバラとの相性バッチリです。
花が美しい春には花を引き立ててくれ、閑散としてしまう冬の時期には明るい印象にしてくれます。

お庭で実や花を楽しむ

5~6月に咲く白い小花、9~2月ごろには実を収穫でき、楽しみが多い木です。
2本以上植えた方が実が付きやすくなるので複数植えるのをお勧めします。
ハーブやお花との相性も良く、お洒落に家庭菜園を楽しめます。

 

鉢植えで楽しむ

オリーブは大きくなりすぎないので、鉢植えで育てることも可能です。
洋風のテラコッタ系も会いますが、近年は写真のようなモダンなグレー系の鉢植えが人気。コンクリート調なんかもお勧めです。

相性のよいデザイン・使い方

  • 洋風
  • モダン・スタイリッシュ
  • ナチュラル・ナチュラルモダン
  • 雑木風
  • シンボツルリー
  • 庭木
  • 花を楽しむ
  • 実を楽しむ
  • ライトアップ
  • ハーブガーデン

キンモクセイ

キンモクセイは、秋に咲くオレンジ色の花と特有の香りが魅力的で、昔から庭木として人気があります。一年中、密に葉をつけており、生垣や目隠しとしても人気の常緑樹です。
日陰でも育ちますが、日当たりがよいほうが花付きがよくなります。
品種は四季咲きのもの、花の色が赤みを帯びたもの、違う気ですが、似たものでギンモクセイという白い花を咲かせるものもあります。




ユーカリ

近年、ユーカリはシルバーリーフの美しい葉と洗練された外観から、シンボルツリーとして人気が急上昇しています。品種によって外見は大きく異なりますが、どの種類も愛らしく個性的であり、一本植えるだけでおしゃれなお庭を演出できます。
ドライフラワーや切り花としても楽しむことができます。ただし、ユーカリの成長は非常に速く、定期的な剪定が必要です。

ワシントンヤシ

リゾートといったらコレ!と言うくらい定番のワシントンヤシ。手のひら状の大きなグリーンの葉と葉周りにできる白い繊維が特徴的で、存在感はバッチリです。
リゾート、南国風のお庭にぜひおすすめしたい樹木。ココスヤシ程ではないですが、こちらも幅を取るのと、環境が良ければ20m程になるので、植え付け場所には注意が必要。
植えてしまえば、年に1~2度、枯れ葉を落とす程度でお手入れも楽ちん。実も食べることができ、白い花も咲きます。


ココスヤシ

お庭にあると一気にリゾート感が演出できるココスヤシ。近年はリゾートガーデンの人気が高まることによって、注目されている植物のひとつです。ヤシというとビル3~4階ぐらいの樹高をイメージしますが、このココスヤシは樹高より何より悠然と広げたゴージャスな葉張りと迫力満点の幹が特徴的です。
メンテナンスが大変そうと思う方も多いと思いますが、意外にもこのココスヤシ、耐寒性がとても高く、ヤシの中では小型の部類に入ります。しかも病害虫にも強いとあって見かけほど手がかかりません。