低木 アーカイブ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所
低木 アーカイブ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所

plants

ウエストリンギア(Westringia fruticosa)

ウエストリンギア(学名: Westringia fruticosa)は、シソ科(Lamiaceae)に属する常緑低木で、オーストラリアが原産です。その美しい花と細長い葉から、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。乾燥に強く、手入れが簡単なため、初心者にも育てやすい植物です。

オトコヨウゾメ(Viburnum dilatatum)

オトコヨウゾメ(学名: Viburnum dilatatum)は、レンプクソウ科(Adoxaceae)に属する落葉低木で、日本、中国、韓国など東アジアに広く分布しています。春から初夏にかけて咲く白い花と、秋に赤く熟す実が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして人気があります。

カラタネオガタマ(Michelia figo)

カラタネオガタマ(学名: Michelia figo)は、モクレン科(Magnoliaceae)に属する常緑低木で、中国南部から東南アジアにかけて分布しています。日本には江戸時代に渡来し、その甘いバナナのような香りの花から広く親しまれています。庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。

ヒゼンマユミ(Euonymus hamiltonianus var. sieboldianus)

ヒゼンマユミ(学名: Euonymus hamiltonianus var. sieboldianus)は、ニシキギ科(Celastraceae)に属する落葉低木で、日本の特定の地域、特に九州地方に自生しています。その美しい果実と鮮やかな紅葉が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。

ドウダンツツジ(満天星躑躅、Enkianthus perulatus)

ドウダンツツジ(学名: Enkianthus perulatus)は、ツツジ科(Ericaceae)に属する落葉低木で、日本が原産です。春に咲く小さな白い花と、秋に真紅に染まる紅葉が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。特に秋の紅葉は見事で、庭全体を鮮やかに彩ります。

ジンチョウゲ(沈丁花、Daphne odora)

ジンチョウゲ(学名: Daphne odora)は、ジンチョウゲ科(Thymelaeaceae)に属する常緑低木で、中国原産です。その芳香と美しい花が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。特に早春に咲くピンクや白の花は、庭に甘い香りと彩りをもたらします。

シロヤマブキ(Rhodotypos scandens)

シロヤマブキ(学名: Rhodotypos scandens)は、バラ科(Rosaceae)に属する落葉低木で、日本や中国が原産です。純白の花と美しい緑の葉が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。特に春に咲く白い花は、庭に清楚で爽やかな雰囲気をもたらします。

ヒペリカム・ヒデコート(Hypericum ‘Hidcote’)

ヒペリカム・ヒデコート(学名: Hypericum 'Hidcote')は、オトギリソウ科(Hypericaceae)に属する常緑低木で、園芸品種です。その鮮やかな黄色い花と美しい葉が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。特に夏に咲く大きな花は、庭に明るい彩りを添えます。

ヤマアジサイ(Hydrangea serrata)

ヤマアジサイ(学名: Hydrangea serrata)は、アジサイ科(Hydrangeaceae)に属する落葉低木で、日本の山地が原産です。その美しい花と繊細な葉が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。特に夏に咲く青やピンクの花は涼しげで、庭に爽やかな雰囲気をもたらします。

ラベンダー(Lavandula)

ラベンダー(学名: Lavandula)は、シソ科(Lamiaceae)に属する多年草または低木で、地中海沿岸が原産です。その芳香と美しい花が特徴で、庭園やコンテナガーデン、ハーブガーデンで広く利用されています。特に芳香はリラックス効果があり、アロマテラピーやポプリ、エッセンシャルオイルとしても人気があります。