高麗芝(こうらいしば) | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所
高麗芝(こうらいしば) | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所

plants

高麗芝(こうらいしば)

目次

-一般住宅に最適な美しい芝生

概要

高麗芝(学名: Zoysia japonica)は、イネ科に属する多年草で、日本を含む東アジアが原産です。日本の庭園や公園、一般住宅の庭で広く利用されており、その美しい緑色と密生する特性から、芝生として非常に人気があります。この記事では、高麗芝の特徴や育て方、具体的な一般住宅での活用方法について詳しく解説します。

特徴

  • 学名: Zoysia japonica
  • 分類: イネ科(Poaceae)
  • 原産地: 日本、韓国、中国など東アジア
  • 形態: 多年草
  • 高さ: 刈り込み前は5〜20cm程度
  • : 線形で細長く、密に生えます。葉の色は鮮やかな緑色で、季節によって多少の変化があります。
  • : 地下茎を持ち、根がしっかりと地中に広がり、丈夫な芝生を形成します。
  • 耐寒性: 高い耐寒性を持ち、冬季には休眠状態になり色が褪せるが、春には再び緑色に戻ります。

育て方

高麗芝は管理が比較的容易で、手入れ次第で美しい芝生を保つことができます。以下に育て方のポイントを紹介します。

  • : 日当たりの良い場所を好みます。半日陰でも育ちますが、日照時間が長いほど密度が高くなります。
  • : 乾燥に強く、定期的な水やりが必要です。特に、植え付け直後や成長期(春から秋)には十分な水分を与えましょう。水やりは朝か夕方に行うと効果的です。
  • 土壌: 水はけの良い土壌を好みます。適度な湿り気を保ちながらも、過湿を避けることが重要です。
  • 肥料: 春から夏にかけて、緩効性の肥料を定期的に施すと良いでしょう。窒素を多く含む肥料を使用すると、葉の色がより鮮やかになります。
  • 刈り込み: 定期的な刈り込みが必要です。成長が早い時期には週に一度程度の刈り込みを行い、5〜10cmの高さを保ちます。
  • エアレーション: 年に一度、春か秋にエアレーション(通気処理)を行うことで、根の発達を促進し、健康な芝生を維持できます。

利用

高麗芝はその美しい見た目と耐久性から、一般住宅の庭で広く利用されています。以下にいくつかの利用例を挙げます。

  • 家庭の庭: 庭全体に高麗芝を植えることで、美しい緑の絨毯が広がり、家族やペットが楽しめる空間を作り出します。
  • 子どもやペットの遊び場: 高麗芝は耐久性があり、踏みつけにも強いため、子どもたちやペットが安心して遊べる場所として最適です。
  • テラスやパティオ周り: テラスやパティオの周りに高麗芝を植えると、緑の美しい縁取りができ、リラックスできるアウトドアスペースが完成します。
  • 庭のアクセント: 庭の一部に高麗芝を植えることで、花壇や木々とのコントラストが生まれ、庭全体のデザインが引き立ちます。

品種とバリエーション

高麗芝にはいくつかの品種があり、それぞれに独自の特徴があります。

  • Zoysia japonica ‘Meyer’: 美しい緑色の葉と優れた耐寒性が特徴です。芝生の密度が高く、踏みつけに強い品種です。
  • Zoysia japonica ‘El Toro’: 成長が早く、刈り込みの頻度が少ないため、管理が比較的容易です。
  • Zoysia japonica ‘Compadre’: 美しい葉色と優れた耐病性が特徴で、庭園やスポーツフィールドに適しています。

高麗芝の育成のポイント

高麗芝を健康に育て、美しい姿を保つためのポイントを押さえておきましょう。

  1. 適切な植え付け場所: 日当たりの良い場所を選びましょう。高麗芝は日光を好むため、直射日光が当たる場所が理想的です。
  2. 水はけの良い土壌: 過湿を避けるために、水はけの良い土壌を選ぶことが重要です。適度な湿り気を保ちながらも、排水性を確保しましょう。
  3. 定期的な刈り込み: 美しい芝生を保つためには、定期的な刈り込みが欠かせません。適切な高さを維持することで、芝生の健康を保ちます。

一般住宅での具体的な活用方法

高麗芝はその美しい見た目と耐久性から、一般住宅の庭での活用方法が多岐にわたります。以下に具体的な活用方法を紹介します。

1. 庭全体の芝生として

高麗芝は庭全体の芝生として非常に適しています。

  • 一面の緑の絨毯: 庭全体に高麗芝を植えることで、一面の美しい緑の絨毯が広がり、視覚的に素晴らしい景観を作り出します。
  • 雑草抑制: 密に成長する高麗芝は、雑草の成長を抑制し、管理の手間を減らすことができます。

2. 遊び場としての利用

高麗芝は耐久性があり、家族やペットの遊び場としても最適です。

  • 安全な遊び場: 高麗芝は柔らかく、転んでも怪我をしにくいため、子どもたちが安全に遊べる場所を提供します。
  • ペットフレンドリー: 耐久性があり、ペットが走り回っても傷みにくいため、ペットの遊び場としても適しています。

3. テラスやパティオの周りに

高麗芝をテラスやパティオの周りに植えると、緑の美しい縁取りができます。

  • リラックススペース: テラスやパティオの周りに高麗芝を植えることで、自然に囲まれたリラックススペースが作れます。アウトドアダイニングやバーベキューエリアとしても最適です。
  • デザインのアクセント: 高麗芝の緑が、テラスやパティオのデザインを引き立て、統一感のある美しい庭を演出します。

まとめ

高麗芝は、その美しい緑色と耐久性から、一般住宅の庭で広く利用されています。日当たりの良い場所で、適切な管理を行うことで、美しい芝生を長く楽しむことができます。庭全体の芝生として、遊び場として、テラスやパティオの周りとして、高麗芝は庭を彩る素晴らしい植物です。初心者から経験豊富なガーデナーまで、多くの人に愛される植物です。ぜひ、あなたの庭でも高麗芝を取り入れて、その魅力を楽しんでください。

日本でもっとも幅広く使われている高麗芝。
葉が細かく密度が高いのが特徴です。踏み圧にも強いため、ゴルフ場のフェアウェイやグリーンで使用されることも多いほか、一般的な家庭で芝を張るといった場合「大抵は高麗芝」といっても過言ではないくらい、もっともポピュラーな芝生です。
少々お手入れが必要ですが、四季を感じながらお庭を明るくしてくれる芝生はコスパも良くとってもお勧め。

リューカデンドロン(Leucadendron)

リューカデンドロン(学名: Leucadendron)は、ヤマモガシ科(Proteaceae)に属する常緑低木で、南アフリカが原産です。その鮮やかな色と独特の花姿が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。ドライフラワーや切り花としても利用され、四季を通じて楽しむことができます。

ワイヤープランツ(Muehlenbeckia axillaris)

ワイヤープランツ(学名: Muehlenbeckia axillaris)は、タデ科(Polygonaceae)に属する多年草で、ニュージーランドやオーストラリアが原産です。細い茎と小さな丸い葉が特徴で、地面を這うように広がるため、グラウンドカバーやコンテナガーデンとして人気があります。

タマリュウ(Ophiopogon japonicus)

タマリュウ(学名: Ophiopogon japonicus)は、キジカクシ科(Asparagaceae)に属する常緑多年草で、日本や東アジアが原産です。その低い草丈と美しい緑の葉から、庭や公園のグラウンドカバーや縁取り植物として広く利用されています。乾燥や日陰にも強く、手入れが簡単なため、初心者でも育てやすい植物です。

ガザニア(Gazania rigens)

ガザニア(学名: Gazania rigens)は、キク科(Asteraceae)に属する多年草で、南アフリカ原産です。鮮やかな花色と耐乾性から、庭やコンテナガーデンで人気があります。特に花の開花時期が長く、春から秋まで楽しむことができるため、庭に彩りを加えるのに最適です。