下草・グランドカバー アーカイブ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所
下草・グランドカバー アーカイブ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所

plants

リューカデンドロン(Leucadendron)

リューカデンドロン(学名: Leucadendron)は、ヤマモガシ科(Proteaceae)に属する常緑低木で、南アフリカが原産です。その鮮やかな色と独特の花姿が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。ドライフラワーや切り花としても利用され、四季を通じて楽しむことができます。

ワイヤープランツ(Muehlenbeckia axillaris)

ワイヤープランツ(学名: Muehlenbeckia axillaris)は、タデ科(Polygonaceae)に属する多年草で、ニュージーランドやオーストラリアが原産です。細い茎と小さな丸い葉が特徴で、地面を這うように広がるため、グラウンドカバーやコンテナガーデンとして人気があります。

タマリュウ(Ophiopogon japonicus)

タマリュウ(学名: Ophiopogon japonicus)は、キジカクシ科(Asparagaceae)に属する常緑多年草で、日本や東アジアが原産です。その低い草丈と美しい緑の葉から、庭や公園のグラウンドカバーや縁取り植物として広く利用されています。乾燥や日陰にも強く、手入れが簡単なため、初心者でも育てやすい植物です。

ガザニア(Gazania rigens)

ガザニア(学名: Gazania rigens)は、キク科(Asteraceae)に属する多年草で、南アフリカ原産です。鮮やかな花色と耐乾性から、庭やコンテナガーデンで人気があります。特に花の開花時期が長く、春から秋まで楽しむことができるため、庭に彩りを加えるのに最適です。

アベリア・コンフェッティ(Abelia ‘Confetti’)

アベリア・コンフェッティ(Abelia 'Confetti')は、スイカズラ科(Caprifoliaceae)に属する常緑低木で、美しい斑入りの葉が特徴の園芸品種です。コンパクトなサイズと多彩な葉色から、庭やコンテナガーデンで広く利用されています。特に、四季を通じて変化する葉色が庭に彩りを加えます。

ハイビャクシン(Juniperus chinensis)

ハイビャクシン(学名: Juniperus chinensis)は、ヒノキ科(Cupressaceae)に属する常緑針葉樹で、東アジアを中心に広く分布しています。その多様な形態と耐久性から、庭木や生垣、盆栽として非常に人気があります。樹形の美しさや剪定のしやすさが特徴で、特に日本庭園や西洋庭園で広く利用されています。

フッキソウ(Pachysandra terminalis)

フッキソウ(学名: Pachysandra terminalis)は、ツゲ科(Buxaceae)に属する常緑多年草で、日本や東アジアが原産です。その密生した葉と緑の絨毯のような広がりが特徴で、シェードガーデンやグラウンドカバーとして非常に人気があります。特に日陰でもよく育つため、庭の暗い場所や樹木の下などで活躍します。

フイリヤブラン(Liriope muscari ‘Variegata’)

フイリヤブラン(学名: Liriope muscari 'Variegata')は、クサスギカズラ科(Asparagaceae)に属する常緑多年草で、東アジアを中心に広く分布しています。その美しい斑入りの葉と紫色の花から、庭や公園のグラウンドカバーや縁取り植物として非常に人気があります。耐陰性が高く、日陰でも美しく育つため、シェードガーデンにも適しています。

カシワバアジサイ(Hydrangea quercifolia)

カシワバアジサイ(学名: Hydrangea quercifolia)は、アジサイ科(Hydrangeaceae)に属する落葉低木で、北アメリカ原産です。その美しい円錐形の花序とカシワの葉に似た葉が特徴で、庭木や公園のアクセントとして人気があります。特に、秋の紅葉が美しく、四季を通じて庭を彩ります。