おすすめの植物 アーカイブ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所
おすすめの植物 アーカイブ | ノエル 一宮店 愛知県の外構設計・
デザイン事務所

plants

ウエストリンギア(Westringia fruticosa)

ウエストリンギア(学名: Westringia fruticosa)は、シソ科(Lamiaceae)に属する常緑低木で、オーストラリアが原産です。その美しい花と細長い葉から、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。乾燥に強く、手入れが簡単なため、初心者にも育てやすい植物です。

オトコヨウゾメ(Viburnum dilatatum)

オトコヨウゾメ(学名: Viburnum dilatatum)は、レンプクソウ科(Adoxaceae)に属する落葉低木で、日本、中国、韓国など東アジアに広く分布しています。春から初夏にかけて咲く白い花と、秋に赤く熟す実が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして人気があります。

リューカデンドロン(Leucadendron)

リューカデンドロン(学名: Leucadendron)は、ヤマモガシ科(Proteaceae)に属する常緑低木で、南アフリカが原産です。その鮮やかな色と独特の花姿が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。ドライフラワーや切り花としても利用され、四季を通じて楽しむことができます。

トキワマンサク(Loropetalum chinense)

トキワマンサク(学名: Loropetalum chinense)は、マンサク科(Hamamelidaceae)に属する常緑低木で、中国南部から東南アジアが原産です。その美しい花と紅葉から、庭園や公園のアクセントプランツとして人気があります。花期が長く、四季を通じて楽しめる植物です。

サルスベリ(Lagerstroemia indica)

サルスベリ(学名: Lagerstroemia indica)は、ミソハギ科(Lythraceae)に属する落葉小高木で、中国南部が原産です。その特徴的な花と滑らかな樹皮から、「百日紅」とも呼ばれ、夏の庭を彩る重要な植物として人気があります。日本では、庭園や公園、街路樹として広く植栽されています。

ヒメシャラ(Stewartia pseudocamellia)

ヒメシャラ(学名: Stewartia pseudocamellia)は、ツバキ科(Theaceae)に属する落葉高木で、日本を含む東アジアが原産です。その美しい白い花と滑らかな樹皮、さらに秋の紅葉が特徴で、庭園や公園のアクセントプランツとして非常に人気があります。特に和風庭園や自然風の庭に適しています。

ヤマコウバシ(Lindera obtusiloba)

ヤマコウバシ(学名: Lindera obtusiloba)は、クスノキ科(Lauraceae)に属する落葉低木で、日本、中国、韓国など東アジアが原産です。春の新芽や秋の紅葉が美しいだけでなく、葉や枝を擦ると甘い香りがすることから、「香木」としても親しまれています。庭園や公園のアクセントプランツとして広く利用されています。

ナツハゼ(Vaccinium oldhamii)

ナツハゼ(学名: Vaccinium oldhamii)は、ツツジ科(Ericaceae)に属する落葉低木で、日本を含む東アジアが原産です。夏に黒い果実をつけ、秋には美しい紅葉を見せることから、庭園や公園のアクセントプランツとして人気があります。果実は食用としても利用され、ジャムや果実酒に使われます。

レモンの木(Citrus limon)

レモンの木(学名: Citrus limon)は、ミカン科(Rutaceae)に属する常緑果樹で、インド北部が原産です。香り高い花と酸味のある果実が特徴で、庭園や家庭果樹園で広く栽培されています。果実は料理や飲み物、デザートに利用されるほか、香りを楽しむための観賞用としても人気があります。

モクレン(Magnolia)

モクレン(学名: Magnolia)は、モクレン科(Magnoliaceae)に属する落葉高木で、東アジアや北アメリカが原産です。その豪華で大きな花が特徴で、春の庭園や公園を彩る重要な植物として人気があります。特に日本では、シモクレン(紫木蓮)やハクモクレン(白木蓮)などの品種が広く栽培されています。