外構植栽『ビワ』大柄な葉と黄色の実を楽しめるビワの植栽における特徴とは |ブログ|株式会社ノエル 外構植栽『ビワ』大柄な葉と黄色の実を楽しめるビワの植栽における特徴とは |ブログ|株式会社ノエル

ノエル岐阜店

blog

外構植栽『ビワ』大柄な葉と黄色の実を楽しめるビワの植栽における特徴とは

外構植栽『ビワ』大柄な葉と黄色の実を楽しめるビワの植栽における特徴とは

外構における『ビワ』の特徴とは?

愛知県一宮市で外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

ビワは比較的簡単に実を楽しめる観葉植物で、実が大きくなった際の食害にさえ気をつければある程度簡単に実の成長を楽しむことができます。
寒さに弱いという特徴があるため、地域によっては植栽として採用できませんが、ある程度あたたかい地域であれば採用することができます。
実を楽しめる樹種としては比較的手間がかかりませんが、それでも完全に放置していると虫や鳥の被害を受けるので注意が日宇町となります。

しっかりと管理・世話をすれば食用となりますが、世話をしていない場合は味が悪い可能性が高いとされていますが、育ちきっていないビワや種子には毒があるとされており、種を食べないよう注意する必要があります。

植栽の種別

常緑広葉樹・常緑高木

名称

ビワ、ヒワ

樹高

2~5m以上

開花時期

11-2月

植栽費用

やや安価ー中程度

適した環境・採用環境

実を楽しみたい外構
食物を取り入れたい外構
色鮮やかなガーデンをつくる場合
ある程度あたたかい地域

主な植栽可能地・原産地

関東から沖縄

害虫耐性・病気耐性

やや弱い
病害虫への対策が必要となる。