理想の新築外構エクステリアを手に入れるための5のステップ |ブログ|株式会社ノエル 愛知県の外構設計・
デザイン事務所
理想の新築外構エクステリアを手に入れるための5のステップ |ブログ|株式会社ノエル 愛知県の外構設計・
デザイン事務所

blog

理想の新築外構エクステリアを手に入れるための5のステップ

理想の新築外構エクステリアを手に入れるための5のステップ

目次

1. 概要

2. 外構エクステリアの重要性
 ・ 美観と価値向上
 ・ プライバシーとセキュリティの確保

3.プランニングとデザインの基本

 ・ 希望を明確にする
 ・ 予算とスケジュール管理

4. 最新トレンドとエコフレンドリーな選択肢
 ・ 人気のデザインと素材
 ・ 環境に優しいエクステリア

5. メンテナンスのポイント
 ・ どれだけメンテナンスできそうか
 ・ 長期的な維持管理のコツ

 

1. 概要

外構エクステリアは、人間でいうと洋服のようなもので、家の第一印象を決定づける重要な要素になります。
ここでは外構エクステリアの重要性と、効果的なプランニング、最新のデザイントレンド、エコな選択肢、そしてメンテナンスのポイントについて詳しくご紹介させていただきます。
この記事を読むことで、理想的な外構エクステリアを実現し、家の美観と価値を高めることができます。

2. 外構エクステリアの重要性

2.1 美観と価値向上

前述したとおり、外構エクステリアは家の見た目、特に第一印象を大きく左右します。
どんなに素敵なお家でも、外構が残念だと台無しです。特に目に入る門周りや毎日通るアプローチは、重要なポイントになるので、ここだけでもこだわると一気に印象が
また、美しくデザインされたエクステリアは、訪れる人々に良い印象を与えるだけでなく、家の市場価値を高める効果もあります。
例えば、手入れの行き届いた庭やスタイリッシュなフェンスは、家全体の魅力を引き立て、買い手の興味を引く要素となります。

2.2 プライバシーとセキュリティの確保

外構エクステリアはプライバシーとセキュリティを確保するためにも重要になります。
高いフェンスや植栽を配置することで、外部からの視線を遮り、プライベートな空間を確保することができます。
また、照明やセキュリティカメラを設置することで、夜間の安全性を向上させることも可能です。

3. プランニング依頼をする前に

3.1 希望を明確にする

外構エクステリアの計画を立てる際には、まず自分の希望や必要な機能を明確にすることが重要です。
庭、フェンス、門、駐車スペースなど、必要な要素をリストアップし、どのように配置するかを考えます。
その中でも優先順位を決め、譲れないポイントや、妥協できる部分を決めておくと良いでしょう。

3.2 予算とスケジュール管理

次に、予算を設定します。基本的にハウスメーカーさんの計画は最低限の場合が多いです。
希望する予算と、ここまではいける、という最大ラインまで決めておくと良いです。
建物の間取りが決まり、おおまかな引渡し時期が決まりましたら、本格的に外構屋さんに相談しましょう。
あまり早すぎてもイメージや意見がブレますし、遅すぎても間に合わあくなります。
ノエルでは引渡しの半年~●カ月くらい前をお勧めしています。

4. 最新トレンドとエコな選択肢

4.1 人気のデザインと素材
エクステリアのデザインといっても、なかなかイメージがわかない方も多いと思います。
そんな時は最新のトレンドを取り入れることで、モダンで魅力的な外構エクステリアになります。
これは各社ホームページやのInstagram等の施工事例を見てみるといいと思います。
色んな事例を見ながら、自分の好みを見つけてイメージしていきましょう。

4.2 環境に優しいエクステリア

近年、SDGsの観点より、エコな外構エクステリアも注目されています。
壁で囲ってしまうのではなく、樹木を植えてナチュラルに目隠しや境界を囲うデザインであったり、
ソーラーパネルを利用した照明、雨水を再利用する雨水タンクなど、環境に配慮したデザインも増えています。

5. メンテナンスのポイント

5.1 どれだけメンテナンスできそうか

外構エクステリアを美しく保つためには、定期的なメンテナンスが必要です。
できるだけメンテナンスを減らすデザインもあるので、どれだけ手をかけられるかを整理しておくのも大事です。
植栽であれば水やり、剪定、落ち葉の掃除などがあります。メンテナンスを減らすのであれば、常緑樹にする、そもそも植えない、下草だけにする、そもそも植えない、など様々な選択肢があります。

5.2 長期的な維持管理のコツ

長期的な維持管理のためには、耐久性のある素材を選ぶことや、メンテナンスの手間を減らす工夫が必要です。
例えば植栽であれば、落葉樹より常緑樹、高木より下草、そもそも植えない、ということも。
素材でいえばタイルや自然石、洗い出しなどの素材を使用することも効果的です。