外構植栽『ハナミズキ』華やかさを演出しつつ派手すぎない庭木ハナミズキの特徴とは

 外構における『ハナミズキ』の特徴とは?

愛知県一宮市から岐阜にかけて外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

ハナミズキは庭木や街路樹として採用されることのある樹種の一つで、ポイントはやはり満開時の美しい紅色の葉と、派手すぎない色合いや葉の密度でしょう。
とても印象に残る鮮やかな色合いをしていますが、色が明るく葉が密集していないこともあってあまりクドい印象は与えないのがありがたい点。
「美しい花で庭や外構に可憐さを添えたい、しかしあまり派手すぎるのは嫌」
といった場合に役立つ樹種であると言えるでしょう。

ハナミズキは可憐さと上品さを併せ持っており、庭木としてのポテンシャルは高いです。
ただし、病害虫にはあまり強くない樹種である他、環境も多少選ぶのでどこでも植えられるというわけではありません。
色は紅と白がありますが、どちらも人気の高い樹種です。上品さを求めるなら白、美しさを求めるなら紅で分けるのもありでしょう。

花全体の印象を利用した優しい印象の外構や、柔らかい演出以外にも、葉の密度が薄さを利用してモダン外構やスタイリッシュな外構の演出にも使えます。
また和風洋風ともに合いやすい樹種で汎用性は高いですが、日光をちゃんと当ててあげる必要があるので配置に気をつけるべきです。

種別

落葉広葉樹・落葉高木

名称

ハナミズキ、ドックウッド

樹高

2.5m以上

開花時期

4月-5月

植栽費用

やや高価

適した環境・採用環境

美しさや可憐さを添えたい外構
あまり派手すぎずオシャレにしたい庭
落ち着いた自然で整えたい場合

主な植栽可能地・原産地

東北ー沖縄

害虫耐性・病気耐性

やや弱い
一部の病害虫に弱いので注意が必要。

関連記事

PAGE TOP