外構植栽『トチノキ』垂れ下がる葉と白や紅の花が美しいトチノキの特徴とは

 外構における『トチノキ』の特徴とは?

愛知県一宮市から岐阜にかけて外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

トチノキは下へと垂れ下がる大きな葉と、縦長の花を咲かせるのが特徴の樹種です。
一般的なトチノキは白い花を身につけますが、ベニバナトチノキ(マロニエ)は赤い花を咲かせるのが特徴です。
どちらも上品な美しさを感じさせる花で、鑑賞性の高い樹種と言えるでしょう。

赤いトチノキを採用する場合は同様の花々を活用した色鮮やかな外構を、白いトチノキを採用する場合は清楚で上品な印象を与える外構を意識すると良いでしょう。
樹形自体も比較的綺麗である上に葉も印象に残るため、花がついていなくとも鑑賞性は比較的高め。
どちらかというと洋風な印象を与える樹種で、モダン外構ともよくマッチするデザインをしている。
緑豊かな外構というよりは、緑をワンポイントに植えるような外構で本領発揮する傾向があるが、このあたりはデザイナー次第な印象です。

種別

落葉広葉樹・落葉高木

名称

トチノキ、ベニバナトチノキ、マロニエ

樹高

2.5m以上

開花時期

4-5月

植栽費用

やや高価

適した環境・採用環境

色鮮やかな外構
明るい外構、上品な外構、派手な外構
洋風・モダン外構
ワンポイントに活用したい場合

主な植栽可能地・原産地

北海道ー九州

害虫耐性・病気耐性

普通
特別病害虫に弱い種類ではない。

関連記事

PAGE TOP