外構植栽『トウカエデ』癖が少なく環境を選ばないトウカエデの特徴とは

 外構における『トウカエデ』の特徴とは?

愛知県一宮市から岐阜にかけて外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

トウカエデは中国原産のカエデ類で、カエデ類でありながらも環境を選ばず剪定にも強い特徴を持っています。
樹形に癖がない上に潮風や大気汚染にも強く、汎用性が高いというのがポイント。
秋になるとカエデならではの美しい紅葉を身につけてくれます。

環境を選ばない特性から街路樹に使われることも多く、外構や庭でも特に条件を選びません。
ネックな点は成長が早い点で、こまめに剪定してあげないとスペースを圧迫してしまいます。
ただし剪定には強いので、遠慮することなく形を整えられます。

種別

落葉広葉樹・落葉高木

名称

トウカエデ、サンカクカエデ

樹高

2.5m以上

開花時期

4-5月

植栽費用

安価ーやや安価

適した環境・採用環境

秋をテーマにする外構
排気ガスや潮風などが問題となっている地域での植栽
環境が厳しい場所での植栽
クセを抑えたい場合

主な植栽可能地・原産地

北海道ー九州

害虫耐性・病気耐性

やや強い
環境を選ばず、疫病に弱くもない。

関連記事

PAGE TOP