外構植栽『シラカンバ』白の樹皮で高原的な表現が可能なシラカンバの特徴とは

 外構における『シラカンバ』の特徴とは?

愛知県一宮市から岐阜にかけて外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

シラカンバは白い樹皮と縦長の樹形が特徴的な樹種です。
細身でありながら、葉をつける位置も高いために、実際以上に縦長に見える傾向があります。
高原などの涼しい環境を好む樹種で、見た目の印象も高原的であるために、個性的なテーマで本領発揮が期待できます。

一本だけで美しさを表現する類の樹種ではないため、複数揃えてシラカンバを主軸とした外構・庭づくりが求められます。
結果的にやや植栽費用や要求スペースが増えてしまいますが、それだけあってかなり個性的な空間が表現可能。
洋風かモダン外構にあいますが、どんな環境・外構でも育てられるわけではなく、条件を選びます。

種別

落葉広葉樹・落葉高木

名称

シラカンバ、シラカバ、カバ、カバノキ

樹高

3m以上

開花時期

4-5月

植栽費用

やや高価ー高価

適した環境・採用環境

かなり個性的な外構をつくりたい場合
涼しい環境での外構づくり
高原的テーマ

主な植栽可能地・原産地

北海道ー関東

害虫耐性・病気耐性

やや弱い
環境を選び、剪定にも弱い

関連記事

PAGE TOP