外構植栽『シダレヤナギ』上から下へ流れるように葉をつけるシダレヤナギの特徴とは

 外構における『シダレヤナギ』の特徴とは?

愛知県一宮市から岐阜にかけて外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

シダレヤナギは上から下へ流線を描くような葉をつけるのが特徴の個性的な樹種です。
特徴的な形状をしているが汎用性は高く、和風から洋風、モダンからナチュラル表現まで多彩に活躍が期待できる。
丈夫であるために環境をあまり選ばないほか、剪定に強いということもあって場所はあまり選ばないのもありがたい点です。

印象に残りやすい樹種なので、モダンに特化しすぎて緑が足りない外構にナチュラル要素を追加するといった活用も可能。
落葉樹であるわりに葉をつけるのが早いため、常に葉をつけている印象も与えるのがポイント。
個性的な庭づくりに貢献してくれます。

種別

落葉広葉樹・落葉高木

名称

シダレヤナギ、イトヤナギ

樹高

3m以上

開花時期

3-4月

植栽費用

やや高価ー高価

適した環境・採用環境

個性的な外構や庭をつくりたい場合
緑をつけたしたい場合
和風・洋風・モダン外構にナチュラルテイストを混ぜる

主な植栽可能地・原産地

北海道ー九州

害虫耐性・病気耐性

やや強い
丈夫であまり環境を選ばない。

関連記事

PAGE TOP