外構植栽『カリン』独特の樹皮と涼しげな印象を持つカリンの特徴とは

 外構における『カリン』の特徴とは?

愛知県一宮市から岐阜にかけて外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

カリンは樹皮がまだらに混ざった個性的なデザインの樹種で、葉の位置が高く密度が低いために涼しげな印象を与えます。
個性的なデザインを持ち込みたい場合に採用することがある樹種で、丸い実もつける。
実は生食用には向かないですが、鑑賞する上では楽しめます。

葉の位置はやや高めなので、低木をどう飾るかで印象がさらに変化します。
せっかくカリンを採用するのであれば低木も個性と美しさのあるものを採用したいところで、花が綺麗なものを選びたいですね。

種別

落葉広葉樹・落葉高木

名称

カリン、カラナシ、カリントウ、アンランジュ

樹高

2.5m以上

開花時期

4-5月

植栽費用

普通ーやや高価

適した環境・採用環境

趣ある外構づくり
どんよりとしていない印象をつくりたい、涼しげな外構
個性的なデザインを楽しみたい外構、通な庭

主な植栽可能地・原産地

東北ー九州

害虫耐性・病気耐性

普通
病害虫に一般的な耐性がある。

関連記事

PAGE TOP