外構植栽『アメリカデイゴ』真紅の花が熱帯的印象を作る!アメリカデイゴの特徴とは

外構における『アメリカデイゴ』の特徴とは?

愛知県一宮市から岐阜にかけて外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

アメリカデイゴはブラジル産の花で、真紅色の花が強烈な印象を植え付ける樹種です。
外構や庭木としてはトロピカルや熱帯的演出をしたい場合に採用される樹種で、花の美しさから比較的ポピュラーな樹種であるといえます。
6月から9月にかけて花をつけるため、同様の時期に濃い色合いの花を咲かせる樹種と組み合わせれば個性的な外構を作ることが可能。

こういった個性的な樹種はテーマを揃えるのが重要で、トロピカルであればトロピカルなど個性の強いものを選ぶと良いでしょう。
葉っぱ自体は綺麗な形をしており、色はやや明るい色合い。花がない状態でも色としては美しく、明るい印象となります。
低木に色鮮やかな花を揃えると色合い豊かなデザインとなります。

落葉広葉樹・落葉高木

名称

アメリカデイゴ、カイコウズ

樹高

2.5m以上

開花時期

6-9月

植栽費用

高価

適した環境・採用環境

色鮮やかな外構や庭
夏に本領発揮する外構
トロピカルや熱帯など暑い地域のテーマで揃える場合
主張が強い外構、植物でインパクトを残したい場合

主な植栽可能地・原産地

関東から沖縄

害虫耐性・病気耐性

普通
特別病害虫に弱いわけではない。

関連記事

PAGE TOP