外構植栽『ベニカナメモチ』新芽で鮮やかな紅色を展開するベニカナメモチの植栽における特徴とは

外構における『ベニカナメモチ』の特徴とは?

愛知県一宮市で外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

ベニカナメモチは新芽が明るい紅色になる樹種として有名で、その色合いの美しさから垣根として活用されることのある樹種です。
外構において色合いはテーマを構成する上で非常に重要な要素であり、ベニカナメモチのような明るい色合いはモダンデザインと相性が良い傾向にあります。
和風・洋風ともに馴染みやすい樹種であり、環境もある程度は選ばないタイプであるために扱いは比較的容易。

外構においてはやはり色合いを活かした明るい外構を作りたい場合に役に立ちます。
赤色をメインにした外構から、カラフルな外構、赤と緑を混雑させた外構などで採用されるのが一般的で、場合によっては耐病性の高い品種を採用することもがあります。
値段も安価なのがポイントで、外構ではわりと気軽に植えられる。が、やや葉が密集している印象を与えるため、赤色の状態以外では少し暗い印象になることも。

植栽の種別

常緑広葉樹・常緑高木

名称

ベニカナメモチ、ベニカナメ

樹高

1.8m以上

開花時期

5-6月

植栽費用

安価

適した環境・採用環境

色合いを楽しみたい外構
和風・洋風・モダンなど比較的多くのテイストで使える
特徴のある生垣を使いたい場面

主な植栽可能地・原産地

東北から沖縄

害虫耐性・病気耐性

普通
病害虫に強い品種も開発されている。

関連記事

PAGE TOP