外構植栽『スダジイ』公園でも植えられるシイの木の植栽における特徴とは

外構における『スダジイ』の特徴とは?

愛知県一宮市で外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

スダジイは街路樹として植えられる他に公園や庭木としても活用されることのある常緑広葉樹で、外構においてもシンボルツリーや主木として採用することのある木です。
大木になる木ですので雑に採用することはできませんが、採用する場合は和風洋風ともに採用可能で、親しみやすい外構空間を作る場合に向いています。
ややあたたかい地域を好みますがある程度丈夫で扱いやすく、スペースの確保以外に気をつけるべき点は多くありません。

葉の色合いは美しいのですが、全体としてやや暗い印象を与えることもあるため周辺の空間をどうデザインするかで最終的な印象がかわっていきます。
モダン性の強いデザインの外構ではそれほど採用しませんが、周辺の味付けによってはモダンにも合わせることができます。
ただ単品で外構をつくることは難しいかもしれません。

植栽の種別

常緑広葉樹・常緑高木

名称

スダジイ、シイ、シイノキ、イタジイ、ナカジイ

樹高

2.5m以上

開花時期

5-6月

植栽費用

安価

適した環境・採用環境

親しみやすい外構・エクステリア
広い空間を活用したい外構

主な植栽可能地・原産地

東北から沖縄

害虫耐性・病気耐性


特別病害虫に弱くはない。

関連記事

PAGE TOP