外構植栽図鑑『カクレミノ』日陰に強く葉が大きなカクレミノの植栽における特徴とは |一宮市外構ノエル

外構における『カクレミノ』の特徴とは?

愛知県一宮市で外構・エクステリアの設計デザインと施工を専門としているノエルです。
今回は外構における植栽の特徴について解説していきたいと思います。

ウコギ科カクレミノ属のカクレミノは大きな葉っぱと日陰に強いという点が特徴的な樹種です。
その特性から基本的には日陰に緑を添えたい際に採用される植物で、建物の裏側やちょっとした庭、花壇などに植えられることがあります。
日光が苦手なのでエクステリアの主役にはなりにくい樹種ではありますが、葉が大きくて人の目を引きつけるため、日陰でも十分に存在感を発揮することができます。

あまり大きくなりすぎず、それでいて葉の色合いが綺麗なので扱いやすい樹種であり、生命力もあって丈夫です。
病害虫もあまり目立たないので葉の美しさを活用した大人な外構を作る上で役に立ってくれます。
とにかく緑がある印象を与えたい、という場合には採用がオススメできる樹種です。手入れもそれほど手間ではありません。

植栽の種別

常緑広葉樹・常緑高木

名称

カクレミノ、ミツデ、ミツナガシワ、カラミツデ

樹高

2.5m前後

開花時期

6~7月

植栽費用

やや安価~中程度

適した環境・採用環境

日陰外構
セマイエリア、日当たりの悪い地域
やや涼しいエリア、モダン、洋風外構

主な生育地・原産地

中部~沖縄

害虫耐性・病気耐性

普通
特別病害虫に弱いわけではない。

関連記事

PAGE TOP