外構植栽図鑑『イスノキ』素朴で美しい広葉樹イスノキの植栽における特徴とは|一宮市外構ノエル

外構における『イスノキ』の特徴とは?

イスノキは日陰でも育てられる樹種として扱いやすい広葉樹で、垣根やシンボルツリーとして採用されます。
外構や庭で無計画に植えるのは危険ですが、深緑で艶のある葉と広がりのある枝葉が特徴で、素朴な印象を添えたい場合に便利です。
枝葉の広がりの癖によって剪定のミスが反映されやすく、知識や技術がないと違和感が残りがちなので勉強が必要となります。

日陰に強いが日光が極端に苦手なわけではなく、寒さ以外には多くの環境にできます。
沖縄でよく見かけられる木ということもあって高温には強く、また潮風にも強いです。

病気に耐性もあるので気をつけるべき点は剪定程度で、外構における植栽としては比較的扱いやすい部類に属しています。
ただし完全に放置しておくと画像のように大木化してしまうので、垣根としての採用が一般的です。
和モダンやモダンとしての採用が一般的ですが、他のデザインにも採用可能です。

見た目が素朴な印象を与えるため、自然感を演出したい外構では採用の可能性が高くなります。

植栽の種別

常緑広葉樹・常緑高木

名称

ヒョンノキ、ユスノキ、イス

樹高

2.5m前後

開花時期

4~5月

植栽費用

適した環境・採用環境

素朴なシンボルツリーを添えたい外構
常緑樹を活用してデザインされた外構を一年中見せたいとき

主な生育地・原産地

関東~沖縄

害虫耐性・病気耐性


とりわけ病害虫に弱い樹種ではない。

関連記事

PAGE TOP