外構植栽図鑑『スギ』日本的和風を表現するのに人気なスギの植栽における特徴とは|一宮市外構ノエル

外構における『スギ』の特徴とは?

皆さんこんにちは。一宮市で外構の設計とデザイン・施工を行っているnoel(ノエル)一宮店です。
今回は外構にて用いられる植栽の種類について解説していきます。

スギは花粉のせいで嫌われることの多い樹種ですが、外構や庭における植栽として歴史を持っています。
特徴的な葉の形状をしており、色も品種によって様々ですが、植栽用に用いられる品種では色鮮やかなものが多くあります。
神社などに植えられていることも多く、和風を演出するうえでスギの存在は欠かせないでしょう。

しかし、一般的なスギはサイズが大きく外構や庭に植えるには向きません。
そのため外構では庭くらいのサイズでも扱える品種である『ダイスギ』を利用するのが一般的です。
茶庭など狭いスペースでもしっかりと育てられる品種ですのが、コンパクトな和風庭園の表現にもピッタリです。

純和風外構以外で採用されることは多くありませんが、モダンで採用されることもあります。
ダイスギはしっかりと手入れされた庭園と見た目上の相性が良いので、しっかりと手の込んだ和風庭園をつくりあげましょう。

植栽の種別

常緑針葉樹・常緑高木

名称

ダイスギ、アシウスギ

樹高

2m前後

開花時期

4-5月

植栽費用

やや高~高価

適した環境・採用環境

和風庭園
狭いお庭、外構
手入れのされた外構

主な生育地・原産地

日本全国

害虫耐性・疫病耐性


それほど害虫や病気に弱いタイプではありません。

関連記事

PAGE TOP